食事の食べる順序を考える

体重管理は毎日の食事習慣に左右されます。 実施している方法の一つは「食べる順序」です。食事をすると血糖値が上昇し、それに伴ってインスリンが分泌されます。インスリンは別名「肥満ホルモン」とも呼ばれる困り者。最初に糖質を摂取すると、インスリンは急激に上昇します。それを避けるため、繊維質を多く含む野菜などから食べるようにしています。これは難しいことではありません。同じ量、同じカロリーの食事を摂取しても、食べる順序を考えればいいだけです。 さらに気をつけている事は「時間をかけて食べること」。急いで食べると、脳は満腹感を得る余裕がありません。脳が「食べてる」と感じることで満腹感がうまれます。要は、リラックスしながら楽しんで食べることだと思います。摂取した栄養素やカロリーは、脳の指令によって分解・吸収されます。これは正に「脳頼み」。また、糖質や油分を多く含む食事は避けるようにしています。たかが食事、されど食事。体重管理に王道はありません。

コンビニ弁当をやめて、サンドイッチやヨーグルト等あっさりした食事に変更

元々は瘦せ型で、仕事が重い荷物を運ぶ配送業務だった事もあってか、身165cm体重52kg前後をキープしていたのですが、40代になり、同時期に結婚・転職し生活環境が大きく変わったのを契機に太り始め、一時期58kgにまで増えました。
デスクワークになって運動量が激減しましたし、結婚して三食しっかり食べる様になったのである程度は仕方ないとしても、これは流石に太り過ぎだろう..と思い、体重管理を始めました。
通勤は車をやめて自転車にし、出勤前と帰宅後にラジオ体操や筋トレを15分ぐらいずつ日課としました。
そして、食事はまず全体的に量を減らして、夕食時今までごはんを必ずお代わりしていたのを、なるべく我慢して一杯から一杯半までにセーブ。
朝食はパンをやめて、バナナか林檎とヨーグルトで乳酸菌補給。
お昼はコンビニ弁当や出前をやめて、玉子か野菜のサンドイッチ。
夕食は奥さんの手料理なので制限はせず(笑)
ただ、白ご飯の量をセーブ。
これだけで2カ月程で体重は落ちて、54kg前後をキープしています。
現在4カ月目ですが、特にリバウンドも無いので、もう少し運動を増やせば、元の体重に戻せるかな?というところです。